サプリでも女性の薄毛は改善することができる

更年期に増えやすい抜け毛

ウーマン

エストロゲンが原因

更年期の女性の薄毛の原因のほとんどが、エストロゲンです。閉経が近い更年期になると、エストロゲンが減少して更年期障害になります。女性の薄毛も、エストロゲンの減少が関係しています。エストロゲンは髪を太く丈夫に増やすために必要な女性ホルモンです。これが閉経近くなって減少することで、髪が栄養失調になり、次第に細くなっていきます。髪が細くなるとトップにボリュームがなくなり、スタイリングをしても思い通りにまとまらなくなります。また、分け目の地肌が目立ってきます。薄毛は老け顔に見られる原因です。薄毛を予防または改善するには、エストロゲンを増やす必要があります。エストロゲンを増やす方法には、生活習慣を改善する、サプリメントを飲む、投薬治療をするなどあります。睡眠をしっかりとることは、エストロゲンの活性化につながります。また、栄養バランスのとれた食事をとることも大切です。ストレスが溜まると男性ホルモンの量が活性化し、エストロゲンが少なくなるので注意が必要です。サプリメントで増やすのも有効です。エストロゲンを増やすサプリメントには、大豆イソフラボン、ローヤルゼリー、高麗人参などがあります。これらのサプリメントは、更年期障害対策にも有効です。サプリメントであまり効かない場合は、病院に行って投薬治療をすることができます。プラセンタ注射は美容効果が高いですが、発毛効果も高いので、女性の薄毛対策に効果的です。

男の人

男性の薄毛予防

AGAは5αリダクターゼが活性するとなりやすい薄毛です。そのため、AGAを予防するなら、5αリダクターゼを抑制する発毛剤や育毛剤を使うのが効果的です。親が薄毛なら、早めにAGA対策をすることをオススメします。

櫛

具体的な治療の方法

育毛対策を行うことで薄毛の進行を食い止めることができます。大阪ではAGAを取り入れているクリニックも豊富ですから、薄毛が気になり始めたら早めの治療がポイントです。継続して治療を続けることで効果を発揮します。

困る人

男性の脱毛症の改善策とは

横浜のAGA専門病院では、HARG療法、内服薬で治療を行っています。HARG療法は、人の細胞から採取した成長因子を頭皮に直接注入する方法で定期的に数回注射して発毛を促します。内服薬はAGAの原因であるホルモンを抑制する効果があります。初期段階の症状の場合は効果も早く出て症状が改善されます。